ホーム » お金の失敗

お金の失敗」カテゴリーアーカイブ

借金で間違いをしたくない

学生のときは勉強をしていても間違えることが多々あります。間違うことはいいのです。間違いをすることで正解に近づくのでいい方法なのですが、できるだけ早く正解に近づくことが大切になります。

借金をすることもよく間違って多く借金をしてしまうことがあります。つい多めにお金を使いすぎてしまったので借金をしてしまうことや、予想していたよりも返済することができなくなってしまったということもあります。このような理由があると借金が減らないことでおまとめや他社借入に踏み切ることにもつながります。

おまとめや他社借入のカードローンを利用することはいけないとは言いませんが、返済できなくなることも考えられますので、計画を立ててから利用したいものです。その際は、イオン銀行のように金利が低くて返済が楽になるようなところから借金をすることです。

借金が増えて金利を多く払わないといけなくなると、返済が大変になるのは目に見えています。ですので、借金で間違いしないようにしたいものです。

 

単利計算との差でディスカウントストアで物が買えるほどの恩恵

現在は普通預金にせよ、定期預金にせよ、金利は殆ど0%に近い状態なので、これから各部分にはあまりメリットが、なくなってしまったと思って良い話と捉えても大丈夫だと思います。一般的に銀行の普通預金や定期預金の利子に関する計算は単利計算ではなく、利子が付く半年ごとの複利計算を用いております。

例えば年1%の普通預金口座に100万円を預けたとすると、単利計算ならば1年後、口座残高は101万円になりますが、複利計算の場合は半年後に0.5%分だけついて100.5万円になり、そこから半年後に0.5%が付くので、100.5×1.005=101万25円になるのです。つまり25円分も得をすることになります。

バブルだった30年近く前は定期預金で年数%のレベルだったので、この複利計算の恩恵は大きく、その差額は100万円を1年だけ預けたケースでもディスカウントストアでレトルトカレーを買えるぐらいになりますし、もっと多く、長く預けた場合だとカフェでケーキを頼んだ時の値段ぐらいなるケースもありました。

 

アドレス帳から借金を申し込めそうな人を探す

キャッシングやカードローンばかりで借りていると借金苦になってしまいます。そうなってくるとカードローンの借り換え&おまとめローンを利用することを考えるかもしれません。

その前にちょっと携帯電話のアドレス帳を覗いてみるといいかもしれません。携帯電話のアドレス帳には友人や知人の連絡先がたくさん入っています。その中で借金ができそうな人を探すのも有効な手法かもしれません。たとえば、昔お世話になった先輩がいるとしたら、その先輩に借金を申し込んでもいいでしょう。

運が良ければスピーディにお金を貸してくれます。一気に希望額全てを貸してくれるのは難しいかもしれませんが、回数を何回かに分けてお金を貸してくれるでしょう。とにかく困ったときは携帯電話のアドレス帳を見るということを癖づけておくと借金苦になってもどうにかなると思っておけばいいです。また、先輩以外にも頼りになる人がいればその人に電話をしてみるといいでしょう。